防犯カメラの印象というと

カメラの技術がまだアナログ方式であり、なおかつ画像記録方法もアナログ方式が当たり前だったころは、防犯カメラの形状というのはやたらと目立つような大きさで、いかにも監視している、といった感じの外観でした。
それがそのあと、カメラの技術がデジタル方式に変わっていき、画像記録方法もデジタル方式になって動画データもデジタルで高精細に記録できるようになっていくと、デジタルの特性である小型化が急速に進み、防犯のためのカメラが、一見しただけではどこにあるのかわからない形状になって行きました。
こうしたことを踏まえて、防犯のためのカメラについての印象をいうならば、アナログのころはいかにも威圧されているという印象だったのが、現在のデジタル式のカメラについては、陰ながら見守ってもらっているという、頼もしい印象に変わったということが言えます。
これからの技術の進歩によって、さらに陰ながら見守ってもらっているという頼もしい印象は強まっていくのだろうと思うのです。