防犯カメラとはどんなものか

人間が多数密集して住んでいるのが、今の日本社会でして、そこではいつも平和的な時間だけが流れているわけではありません。
何でもないような些細なきっかけで、トラブルや争いに発展することも少なくなく、そのたびに傷害事件などの犯罪が誘発されるというわけです。
結果、確たる証拠というものの裏付けが曖昧だったりする、証人も少ない路地裏の犯行などだったり、他人に関心のない人々ばかりの環境だと、確たる証拠というのはほとんど得られず、泣き寝入りということにもなりかねないわけです。
そのような理不尽を許さないために、確たる画像証拠として、犯罪時の状況を余さず画像、それも動画にして保存するために設置されるカメラのことを、防犯カメラというわけなのです。
このカメラが街頭に設置されたおかげで、犯罪の件数は大幅に減少したといわれています。
いつでもこのように証拠が取られている意識が、全ての人間に身につくならば、これまでよりは犯罪の件数は少なくなると期待しているのです。