これからの高齢者住宅

これからの日本はますます高齢者の割合が増えていくことでしょう。
そして核家族化が進んでしまった結果、一人暮らしをしている高齢者の割合も多くなってきているようで、孤立化が進んでいるようです。
ですからこれからの高齢者住宅に必要なものは、バリアフリーは当然ですが、もしもの時のための対応ができる住宅なのではないかと思います。
たとえば最近の警備会社では高齢者を見守るシステムがあります。
ポットなどを利用して一日にその使用がない場合は様子を身に係員が駆け付けるなどのサービスです。
またインターネットなどを利用して住宅の様子を遠方からでもわかるようにするというシステムもあるようです。
本当ならば家族が一緒に住むようにできれば一番なのだと思いますが、そうもいっていられないのが現実です。
子供を守るのも大切ですが、これからどんどんと高齢者の割合が増えていくわけですからお年寄りに優しい住宅づくり街づくりが大切になっていくのだと思います。